施工管理の仕事はおすすめ?メリットとデメリット


施工管理の仕事のメリット

施工管理の仕事のメリットは、給料が平均よりも高いことがあげられます。日本人の平均年収は430万円ほどですが、施工管理の平均年収は450万円ほどです。大手企業であったり、勤続年数が長かったりすると、平均年収が650万円ほどであるという報告もあります。資格を取得すれば手当ても支給されるため、年収はさらにアップします。また、将来性がある職業であるのも、施工管理の仕事のメリットです。人間が生きている限り建設業がなくなることはなく、施工管理は中枢的な役割を担っています。体力勝負の仕事ではありますが、経験を重ねると体力仕事だけではなく管理職も任されるようになるため、体力もそれほど必要なくなります。施工管理の実務経験を3年以上積んだ人は、国家資格である2級建築施工管理技士も取得できます。

施工管理の仕事のデメリット

施工管理の仕事のデメリットとしては、休日出勤や残業が多いことがあげられます。建設業は天候に左右されたり、機材が壊れたり調達できなかったりした場合、納期に遅れてしまうことがあります。そんな時は、残業や休日出勤を強いられてしまいます。人材の確保や工程の見直し、費用などを修正するなど、様々な雑務も生じます。プロジェクトの間は、しっかり休みを取るのが難しいことがあるでしょう。また、人間関係のストレスも施工管理の仕事のデメリットの1つです。プロジェクト全体を管理するため関わる人の数も多いため、その分人間関係のストレスが多くなるのです。特に若い世代は、ベテランの職人とのコミュニケーションの取り辛さに苦労することもあります。

建設業界で様々な素材や製品を造る生産設備をプラントと言います。プラントの施工管理は、大規模な現場で危険物や特殊な機械を取り扱うため専門性が高く、ビッグプロジェクトにも携われ社会的な役割を担っています。